Amazon Ruby

マカについて

マカ概要

マカは、アメリカ大陸で栽培されるようになった25種の食用の根および塊茎の内の1種で、『アンデス山脈の根』とも称されており、アンデス山脈で栽培されている唯一のアブラナ科 種で、カブや大根、ブロコッリーやカラシに近い品目です。ニンジンやテンサイなども同じ仲間と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、全く異なる品種です。元々、唯一の生産地はペルー国中央に位置する標高の高いアンデス山脈でした。特に、標高:3,800~4,450メートルにあるフニン県およびパスコ県のボンボン高原と呼ばれている地域で盛んに栽培が行われてきました。生態環境学的に言うと、『プナ』と呼ばれる高地階層に該当する同高原で栽培されていたのですが、今はワンカベリカ県やプノ県やアヤクチョ県などの他の地域でも栽培されています。

名: マカ
学名: レピディウム・メイエニイイ・ワルプ
科: アブラナ科
俗称: マカ
原産地: ペルーアンデス山脈 (フニン, パスコ)
使用される部位: 塊茎

栽培

マカの品質管理は栽培する土地の選定から行う必要があります。なぜなら、栽培されたマカが、そのまま中間製品や最終製品の原料になるため、その際に栄養素が豊富なマカかどうかが土地によって大きく左右されるからです。

天候や標高でも変わる土地の状態は、一次代謝および二次代謝に非常に良い高品質のマカを得るには重要な要因です。栽培されたマカは天日乾燥され、パウダー化されます。つまり、マカ栽培には、種まき/収穫/乾燥の工程が含まれています。

収穫されたマカは一日中天日干しにされます。午前中にマカを広げて午後には葉っぱを落とす作業を行います。乾燥期間中にこの作業を繰り返し行い、完全に乾燥させた状態で倉庫に入れています。

マカの成分

マカは栄養補給や健康維持用等に多くに使用されています。
次の様なことにマカの成分が効くとも言われています。

調査研究

トップページAmazon Ruby S.A.C についてマカについてマカ・エキスカムカムについてふれあい生活館ヤマノお問い合わせ

Japanese

English

España